スティーブ・マクマナマン

ブランドアンバサダー
  • 週替わりのチョイス
  • インタビュー
  • プロフィール
  • 2018
    • World Cup Interview with Steve McManaman – Final
    • World Cup Interview with Steve McManaman – Semi Finals
    • World Cup Interview With Steve McManaman – Quarter Finals
    • Steve McManaman’s View With World Cup Knockout Stages
    • Interview with Steve McManaman, World Cup Match Day 3
    • Interview with Steve McManaman, World Cup Match Day 2
    • Steve McManaman's Selections for World Cup 2018
    • Macca’s View on the 2018 January Transfers
  • 2017
    • Macca’s View on the 2017 Transfers in EPL and La Liga
    • Macca's view on English Football and UCL
  • 2016
    • Macca’s View on the UCL Draw
    • Macca’s Latest Views on English Football and Champions League
    • Macca’s Latest Views on EPL and UCL
    • First Interview with Steve McManaman

生年月日: 1972年2月11日

生誕地: イギリス ランカシャー州 カークデール

ポジション:ミッドフィールダー

サッカーのキャリア: ユースとしてのキャリア: リヴァプール(1988-1990); シニアとしてのキャリア: リヴァプール(1990-1999) 272 回出場 46 得点獲得、レアルマドリード(1999-2003) 94 回出場 8得点獲得、 マンチェスターシティ(2003-2005) 35回出場 0得点獲得。

ナショナルチーム: イングランドU21 (1991-1993) 7回出場 1得点獲得、イングランド (1994-2001) 37 回出場 3得点獲得。

スティーブ・マクマナマンは、これまでに世界中で活躍した輝かしい経歴を持つ元イングランド代表のサッカー選手です。

「マッカ」という愛称で親しまれるハンサムなこの選手は、リヴァプール、レアルマドリード、さらにマンチェスター・シティにてプレイしました。

UEFAは現代のイングランドサッカー界の並み居るスター選手の中でも、彼ほど成功を収めた選手はいないと述べています。

リヴァプールでのプロとしての9年間の間(1990-99)、イングランドきってのスピードとドリブルでファンを熱中させた彼はFAカップとリーグカップにて優勝しています。そしてリヴァプールでの364出場と66ゴールを果たした後は1999年にレアルマドリードに移籍しラリーガのクラブでプレイした2番目のイングランド出身選手となりました。
1998年FIFAワールドカップと、1996年及び2000年にUEFAヨーロピアンフットボールチャンピオンシップにてプレイしています。さらにスリーライオンズでは37回代表選手となっています。

1996年にはイングランドチームで素晴らしいプレイの数々を見せ、ブラジルの偉大なペレやファンから賞賛の嵐を受けています。ペレはマクマナマンをその時代の世界で最高のプレイヤーと称えました。

レアルマドリードプレイヤーとしてのマクマナマンは、UEFAチャンピオンズリーグで2度優勝を飾り、ラリーガでも2度優勝し、さらに2度スーペルコパ・デ・エスパーニャのメダルを獲得したのみならず、UEFAスーパーカップで1度、インターナショナルカップでも1度、優勝しています。まさに、世界中で活躍した中でも最も成功したプレイヤーと呼ばれるにふさわしい功績を挙げています。

彼は2003年にマンチェスターに移住し、2005年にリタイアしています。

リタイア後は、テレビ界で新たなキャリアをスタートし、現在はBTスポーツでサッカーの専門家として活躍しています。

そして今、最新のDafabet アンバサダーとなったマッカは、シーズン中、その豊富なサッカーの知識をフルに活用してDafabetプレイヤー様に有益な分析とアドバイスを提供してくれることでしょう!

  • 週替わりのチョイス
  • インタビュー
  • 2018
    • World Cup Interview with Steve McManaman – Final
    • World Cup Interview with Steve McManaman – Semi Finals
    • World Cup Interview With Steve McManaman – Quarter Finals
    • Steve McManaman’s View With World Cup Knockout Stages
    • Interview with Steve McManaman, World Cup Match Day 3
    • Interview with Steve McManaman, World Cup Match Day 2
    • Steve McManaman's Selections for World Cup 2018
    • Macca’s View on the 2018 January Transfers
  • 2017
    • Macca’s View on the 2017 Transfers in EPL and La Liga
    • Macca's view on English Football and UCL
  • 2016
    • Macca’s View on the UCL Draw
    • Macca’s Latest Views on English Football and Champions League
    • Macca’s Latest Views on EPL and UCL
    • First Interview with Steve McManaman
  • プロフィール

生年月日: 1972年2月11日

生誕地: イギリス ランカシャー州 カークデール

ポジション:ミッドフィールダー

サッカーのキャリア: ユースとしてのキャリア: リヴァプール(1988-1990); シニアとしてのキャリア: リヴァプール(1990-1999) 272 回出場 46 得点獲得、レアルマドリード(1999-2003) 94 回出場 8得点獲得、 マンチェスターシティ(2003-2005) 35回出場 0得点獲得。

ナショナルチーム: イングランドU21 (1991-1993) 7回出場 1得点獲得、イングランド (1994-2001) 37 回出場 3得点獲得。

スティーブ・マクマナマンは、これまでに世界中で活躍した輝かしい経歴を持つ元イングランド代表のサッカー選手です。

「マッカ」という愛称で親しまれるハンサムなこの選手は、リヴァプール、レアルマドリード、さらにマンチェスター・シティにてプレイしました。

UEFAは現代のイングランドサッカー界の並み居るスター選手の中でも、彼ほど成功を収めた選手はいないと述べています。

リヴァプールでのプロとしての9年間の間(1990-99)、イングランドきってのスピードとドリブルでファンを熱中させた彼はFAカップとリーグカップにて優勝しています。そしてリヴァプールでの364出場と66ゴールを果たした後は1999年にレアルマドリードに移籍しラリーガのクラブでプレイした2番目のイングランド出身選手となりました。
1998年FIFAワールドカップと、1996年及び2000年にUEFAヨーロピアンフットボールチャンピオンシップにてプレイしています。さらにスリーライオンズでは37回代表選手となっています。

1996年にはイングランドチームで素晴らしいプレイの数々を見せ、ブラジルの偉大なペレやファンから賞賛の嵐を受けています。ペレはマクマナマンをその時代の世界で最高のプレイヤーと称えました。

レアルマドリードプレイヤーとしてのマクマナマンは、UEFAチャンピオンズリーグで2度優勝を飾り、ラリーガでも2度優勝し、さらに2度スーペルコパ・デ・エスパーニャのメダルを獲得したのみならず、UEFAスーパーカップで1度、インターナショナルカップでも1度、優勝しています。まさに、世界中で活躍した中でも最も成功したプレイヤーと呼ばれるにふさわしい功績を挙げています。

彼は2003年にマンチェスターに移住し、2005年にリタイアしています。

リタイア後は、テレビ界で新たなキャリアをスタートし、現在はBTスポーツでサッカーの専門家として活躍しています。

そして今、最新のDafabet アンバサダーとなったマッカは、シーズン中、その豊富なサッカーの知識をフルに活用してDafabetプレイヤー様に有益な分析とアドバイスを提供してくれることでしょう!