公式パー
トナー

Derbyshire CCC

  • セルティックFCの歴史
  • 戦歴

1870年に設立されたダービーシアCCCは、イングランドとウェールズに18あるファーストクラスのカントリークラブのひとつです。その歴史を通して、クリケットクラブは5つの主要トロフィーを獲得しており、最も有名なものは1936年の輝かしいカウンティチャンピオンシップです。ダービーシアCCCを代表した著名な選手には、イングランドの伝説的選手であるボブ・テイラー、キム・バーネット、そして故マイク・ヘンドリックが含まれます。また、海外からはマイケル・ホールディング、モハマド・アザルディン、マーティン・グプティルなどの有名選手が活躍しています。

ダービーシアCCCは市の中心部から北西に位置するインコラ・カウンティ・グラウンド(別名レースコース・グラウンド)でホームゲームを開催しています。1863年に設立され、1871年からはクリケットクラブの本拠地となり、1999年のICCクリケット・ワールドカップのニュージーランド対パキスタン戦など、多くのワンデイ国際試合が開催されました。クリケット以外では、1886年に行われたFAカップの決勝戦がロンドン以外で初めて開催されたことで有名です。

ダービーシアCCCの開幕シーズンは1871年、当時非公式だった郡選手権でオールド・トラフォード・クリケット・グラウンドでランカシャーに対して最初のファーストクラスマッチを戦いました。初期の頃は幸運に恵まれていましたが、1888年に悲惨な結果が続き、ダービシアCCCはファーストクラスのステータスを降格させられました。その後、1894年にファーストクラスのステータスが与えられ、1895年には再びカウンティチャンピオンシップに復帰しました。

1936年のカウンティ選手権で、クラブが最初で唯一の勝利を収めたのは、この大会では常に最弱のカウンティに属していたためでした。チームが成功を収めたのは、致命的なボウリング攻撃を形成してからのことでした。トミー・ミッチェル、ビル・コープスン、ジョージとアルフのポープ兄弟が、ダービシアCCCは相手打線を切り崩しました。1936年、ダービーシアCCCは28試合中13試合に勝利し、そのうち5試合はファーストイニングトータルしか必要としませんでした。

2013年シーズン終了後、ダービーシャーCCCは、国内3つの大会においてより一貫した存在感を示すことを目的に、新たなパフォーマンス文化を規定しました。ミッキー・アーサーをヘッド・オブ・クリケットに、イアン・ベルをバッティング・コンサルタントに迎えた現在のコーチング体制とともに、ダービーシアCCCは今後何シーズンも脅威となる構造を備えています。

1
カントリーチャンピオンシップ
1936
1
カントリーチャンピオンシップ・ディビジョン2
2012
1
サンデーリーグ/プロ40/ナショナルリーグ
1990
1
ジレット/ナットウエスト/C&G/フレンズプロビデントトロフィー
1981
1
ベンソン&ヘッジズカップ
1993
  • セルティックFCの歴史

1870年に設立されたダービーシアCCCは、イングランドとウェールズに18あるファーストクラスのカントリークラブのひとつです。その歴史を通して、クリケットクラブは5つの主要トロフィーを獲得しており、最も有名なものは1936年の輝かしいカウンティチャンピオンシップです。ダービーシアCCCを代表した著名な選手には、イングランドの伝説的選手であるボブ・テイラー、キム・バーネット、そして故マイク・ヘンドリックが含まれます。また、海外からはマイケル・ホールディング、モハマド・アザルディン、マーティン・グプティルなどの有名選手が活躍しています。

ダービーシアCCCは市の中心部から北西に位置するインコラ・カウンティ・グラウンド(別名レースコース・グラウンド)でホームゲームを開催しています。1863年に設立され、1871年からはクリケットクラブの本拠地となり、1999年のICCクリケット・ワールドカップのニュージーランド対パキスタン戦など、多くのワンデイ国際試合が開催されました。クリケット以外では、1886年に行われたFAカップの決勝戦がロンドン以外で初めて開催されたことで有名です。

ダービーシアCCCの開幕シーズンは1871年、当時非公式だった郡選手権でオールド・トラフォード・クリケット・グラウンドでランカシャーに対して最初のファーストクラスマッチを戦いました。初期の頃は幸運に恵まれていましたが、1888年に悲惨な結果が続き、ダービシアCCCはファーストクラスのステータスを降格させられました。その後、1894年にファーストクラスのステータスが与えられ、1895年には再びカウンティチャンピオンシップに復帰しました。

1936年のカウンティ選手権で、クラブが最初で唯一の勝利を収めたのは、この大会では常に最弱のカウンティに属していたためでした。チームが成功を収めたのは、致命的なボウリング攻撃を形成してからのことでした。トミー・ミッチェル、ビル・コープスン、ジョージとアルフのポープ兄弟が、ダービシアCCCは相手打線を切り崩しました。1936年、ダービーシアCCCは28試合中13試合に勝利し、そのうち5試合はファーストイニングトータルしか必要としませんでした。

2013年シーズン終了後、ダービーシャーCCCは、国内3つの大会においてより一貫した存在感を示すことを目的に、新たなパフォーマンス文化を規定しました。ミッキー・アーサーをヘッド・オブ・クリケットに、イアン・ベルをバッティング・コンサルタントに迎えた現在のコーチング体制とともに、ダービーシアCCCは今後何シーズンも脅威となる構造を備えています。

  • 戦歴
1
カントリーチャンピオンシップ
1936
1
カントリーチャンピオンシップ・ディビジョン2
2012
1
サンデーリーグ/プロ40/ナショナルリーグ
1990
1
ジレット/ナットウエスト/C&G/フレンズプロビデントトロフィー
1981
1
ベンソン&ヘッジズカップ
1993